Blog&column
ブログ・コラム

不動産の名義変更が必要なケースとは?

query_builder 2021/02/15
コラム
document-agreement-documents-sign
様々な理由で不動産を取得することがあると思いますが、その際に名義変更を行う必要があります。
不動産の名義変更は少し複雑なので専門家に依頼することが多いですが、どのような時に名義変更が必要になるのかは知っておかなければいけません。
そこで今回は、不動産の名義変更が必要なケースについて解説していきます。

▼不動産売買
不動産売買によって不動産を取得した場合は、誰が所有しているのかを第三者に明示するために名義変更を行います。
基本的には売主と買主が一緒に手続きをすることになります。

▼生前贈与
不動産の所有者が、生前に相続人に財産を引き渡すことを生前贈与と言いますが、この場合は贈与する側と受け取る側が一緒に名義変更の手続きを行います。
生前贈与は相続人同士のトラブルを避けることができる一方で、税金面で不利になることもあります。

▼遺産相続
遺産相続で不動産を取得した場合は、相続人が名義変更手続きを行うことになります。
不動産の所有者が亡くなっても勝手に名義が変更されることはないので、必ず手続きを行いましょう。
また、他のケースと比べて必要な書類が多く手続きも複雑なので、専門家に依頼するのが無難でしょう。

▼財産分与
離婚する際に夫婦間で財産を分け合うことになりますが、財産分与対象に不動産があり所有者が変わる場合は名義変更が必要になります。
この時も、分与する側とされる側が一緒に手続きを行います。

▼まとめ
不動産を取得した際には、名義変更を忘れず行いましょう。
不動産に関してお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

NEW

  • 年末年始の久留米市内の不動産状況

    query_builder 2020/11/25
  • 新築物件の期間っていつまで?新築物件の期間を解説

    query_builder 2021/04/15
  • 新築物件の購入時にかかる初期費用とは?どのぐらいの額を払うの?

    query_builder 2021/04/08
  • 失敗しない新築物件の探し方・見落としがちなポイントとは?

    query_builder 2021/04/01
  • 新築物件を購入するときの仲介手数料はいくら?

    query_builder 2021/03/22

CATEGORY

ARCHIVE