Blog&column
ブログ・コラム

マンションの固定資産税は築年数によって違う?

query_builder 2021/08/15
コラム
building-condo-condominium-flats

マンションを購入したいと考えた時に、気になるのは固定資産税ですよね。

どのような仕組みで固定資産税の金額は決定されているのでしょうか。

今回は、マンションの固定資産税についてお伝えします。

マンションの固定資産税とは

マンションを購入すると、固定資産税を納税しなければなりません。

新築マンションにも中古のマンションにも固定資産税はかかります。

固定資産税を徴収するのは各自治体で、固定資産税評価額×標準税率1.4%で算出されます。

マンションの固定資産税の特徴

■固定資産税評価額

固定資産税評価額は、国土交通省が年に1回算出するもので、不動産を売買する際に適正価格として定められている地価公示価格の7割で計算されます。

土地の価格は変動しますが、マンションは経年劣化していくので、固定資産税評価額の建物部分は下がっていきます。

■ローンを支払い終わっても固定資産税は納め続ける

前述した通り、新築マンションは固定資産税が高く、古いマンションは固定資産税が安いです。

ちなみに、マンションのローンを支払い終わっても固定資産税は納め続ける事になるので、マンションを購入したとしても毎年住宅に支払わなければならないお金が0になるわけではありません。

▼まとめ

マンションの固定資産税も念頭に入れてマンションを購入しましょう。

株式会社 みんなの不動産本舗では、マンションを売却したい方と購入したい方を仲介しています。

NEW

  • 年末年始の久留米市内の不動産状況

    query_builder 2020/11/25
  • マンションの管理組合って何をするの?理事会とは?

    query_builder 2021/11/15
  • 分譲マンションの管理費って何?修繕積立金との違いについて

    query_builder 2021/11/01
  • 分譲マンションの購入時、火災保険の加入は必要?

    query_builder 2021/10/15
  • マンションの管理人の仕事内容にはどんなものがあるの?

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE