Blog&column
ブログ・コラム

マンション住宅に表札はつけた方が良い?メリットやデメリットを紹介

query_builder 2022/01/03
コラム
apartments-architectural-design-architecture-balconies
住居で生活している人の名前を示す「表札」。
マンションには部屋番号があるため、表札を付けるか付けないかで悩む方も多いのではないでしょうか。
今回はマンション住宅に表札をつけるメリットやデメリットをご紹介していきます。

▼そもそも表札とは?
表札は、家の門などに設置して「居住者の名前がわかるようにする札」のことをいいます。
表札の文化は明治時代に始まったともいわれており、長い歴史を持っているようです。
しかしこの表札は、「名前を示すため、個人情報」と考える方も増えてきている様子です。
現代では、必ずしも全員が表札を付けているわけではないといえるでしょう。

マンションに表札を付ける際に得られるメリット
マンション住宅に表札を付けることで、以下のようなメリットを得ることができます。
・お客さんが自宅を訪れる際に迷いにくい
・ご近所さんにも名前を知ってもらう機会になる
・自分の自宅であると改めて感じられる

訪問してきた人や周囲に住む人に、「ここに住んでいる」と知ってもらうきっかけになる点が大きなメリットといえそうです。

マンション住宅に表札を付けることで生じるデメリット
マンション住宅に表札を付けることで、以下のようなデメリットが生じる可能性もあります。
・見ず知らずの人に名前を知られる可能性がある
・訪問販売員などに個人情報が渡る可能性がある

デメリットとしては、「知らない人にまで名前が知られてしまう」という点が大きいといえそうです。

▼まとめ
マンション住宅に表札を設置することで、メリット・デメリットの両方が生じるといえるでしょう。
必要性や目的を明確にし、表札を付けるか考えたいものですね。

NEW

  • 年末年始の久留米市内の不動産状況

    query_builder 2020/11/25
  • マンション住宅に表札はつけた方が良い?メリットやデメリットを紹介

    query_builder 2022/01/03
  • マンションの耐用年数とは?過ぎてしまった場合は?

    query_builder 2021/12/01
  • マンションの管理組合って何をするの?理事会とは?

    query_builder 2021/11/15
  • 分譲マンションの管理費って何?修繕積立金との違いについて

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE